メニュー 閉じる

♦ 硬質地盤クリア工法 (クラッシュパイラー)

圧入の優位性を損なうことなく、独自の芯抜き理論により、最大N値50以上の硬質地盤への圧入を実現。
硬質地盤クリア工法は、圧入工法の優位性を確保した圧入機に補助工法として、オーガ掘削と圧入を連動させる「芯抜き理論」による施工方法を採用することにより、最大N値50以上の硬質地盤へ圧入施工を行う工法である。
掘削はあくまで圧入補助として最小限に抑えるので排土量は少なく、周辺地盤を乱さないため強い支持力を持った完成杭を構築できる。