メニュー 閉じる

♦ ゼロクリアランス工法 (ゼロパイラー・ゼロクラッシュパイラー)

隙間“ゼロ”を可能にした近接施工専用の圧入機と杭材により、限られた施工空間の有効活用を実現。
ゼロクリアランス工法は、ゼロ近接施工専用に開発したゼロパイラーとゼロ矢板(NS-SP-J)を用いることで、隣接する構造物との隙間(デッドスペース)を「ゼロ」の状態で施工することが可能な工法である。